カテゴリー
機能紹介

【RPA】エクセルの内容をコピーしてCSVファイルへ出力する

エクセルファイルの内容をコピーしてCSVファイルとして保存します。RPAを使ってこの作業を自動的に行います。 JobAutoではどのように行うのかを説明します。RPA選びの参考にしてください。

自動的に行う処理の内容。

自動的に行う処理の内容は以下の通りです。

1.エクセルファイルを開く

2.エクセルファイルの内容をコピー

3.コピーした内容を変数へ格納

4.格納したデータをカンマ区切りへ加工

5.加工したデータをCSVファイルへ出力

自動化 RPA 業務
JobAutoの特設ページが開きます

エクセルファイルを開く

エクセルファイルを開きます。

エクセルを開くアクションを使って、エクセルファイルを開きます。

エクセルを開くアクションを作成

開くエクセルファイルを設定します。

ファイルへ開くファイルを設定する

エクセルファイルの内容をコピー

エクセルファイルの内容をコピーします。

コピーアクションを使ってエクセルファイルの内容をコピーします。

コピーするセルを選択して右クリックし、コピーをクリック

コピーする範囲が対象となるセルに設定されているかを確認。

対象となるセルの内容を確認する


コピーした内容を変数へ格納

コピーしたエクセルファイルの内容を変数へ格納します。

クリップボード操作アクションを使って、コピーしたエクセルファイルの内容を変数へ格納します。

クリップボード操作アクションを作成

クリップボードの値取得を選択し、格納先へデータを格納する変数を設定します。

コピーしてクリップボードにあるデータを変数へ格納する

変数へ格納したデータをカンマ区切りへ加工

変数へ格納したデータをカンマ区切りにします。

変数の値を加工アクションを使い、変数へ加工したデータをカンマ区切りにします。

CSV RPA ファイル 出力
変数の値を加工アクションを作成
CSV RPA ファイル 出力
文字操作~値セットで変数を値セット画面を開く

コピーしたデータが格納されている変数をセットする文字へ設定します。

セットする文字へデータが格納された変数を設定

文字を置換する画面を表示します。

文字操作~文字置換で変数を文字置換画面を開く

検索文字へTABを設定します。

CSV RPA エクセル コピー 出力
キーボード~TABで検索文字へTABを設定

置換文字へカンマ「,」を設定します。

CSV RPA エクセル コピー 出力
置換文字へカンマを設定

編集したデータをCSVへ書き出す変数へ格納します。

CSV RPA エクセル コピー 出力
加工した値の格納先を設定する

CSVファイルへ出力

加工したデータをCSVファイルへ出力します。

ファイル書き込みアクションを使い、CSVファイルへ出力します。

CSV RPA エクセル コピー 出力
ファイル書き込みアクションを作成

書き込み値へCSVファイルへ出力する変数を設定します。

CSV RPA エクセル コピー 出力
CSVファイルへ出力する変数を設定

ファイルへ出力するCSVファイルのパスを設定します。

CSV RPA エクセル コピー 出力
CSVファイルのパスを設定

RPAで取得したデータをCSV保存する業務の自動化を行うなら株式会社 シジャム・ビーティービーのRPAツールを

ロボットでエクセルからコピーしたデータをCSVファイルへ保存することが自動化できます。ご興味がある方は無料トライアルをご利用いただき、ご確認ください。

RPAツール「JobAuto」について詳しく知りたい方はこちらから

コメントを残す