カテゴリー
機能紹介

【RPA】Classを使って指定する

ブラウザで操作個所を指定するときに、Xpathを使った設定を行います。しかしXpathだけでは操作したい個所をうまく設定できないことがあります。JobAutoではXpathだけでなく、Classを組み合わせて指定する方法があります。

Classによる指定の方法。

操作個所を文字で指定する方法は以下の通りです。

1.操作したい個所を選択する。

2.右クリックしてメニューを表示する。

3.値取得をクリックする。

4.アクションの設定画面内の高度な設定タブを開きます。

5.AttributeからClassを選択します。

自動化 RPA 業務
JobAutoの特設ページが開きます

Classによる指定が必要な時。

以下のカレンダーの赤く表示されている日付だけを取得するという処理を行います。

赤い部分だけを取得する

繰り返し処理の中で取得を行った場合、日付が赤ければ取得する、としたいですが、赤いかどうかを判定することができません。

赤い日付化を判定する方法がない

このような場合にClassを使って、取得を行います。


操作したい個所を選択する。

マウスを使って操作したい個所を選択します。

操作したい個所をクリックして選択します。

操作したい個所をクリックする

右クリックしてメニューを表示する。

右クリックしてメニューを表示します。

右クリックするとメニューが表示されます。

RPA ブラウザ Classで指定
メニューを表示する

値取得をクリックします。

メニュー内の値取得をクリックします。

値取得アクションの設定画面を表示します。

RPA ブラウザ Classで指定
値取得をクリックする

高度な設定タブを開きます。

アクションの設定画面内の高度な設定タブを開きます。

高度な設定タブを表示します。

RPA ブラウザ Classで指定
高度な設定タブを表示

Classを選択します。

Attributeからclassを選択します。

classを選択するとValueが自動的に設定されます。

RPA ブラウザ Classで指定
Valueは自動的に設定される

このように設定することで、classがredの値だけを取得する処理ができます。

RPAでブラウザを使った業務の自動化を行うなら株式会社 シジャム・ビーティービーのRPAツールを

Classを使った操作個所の指定ができるため、柔軟な要素の指定を行うことが可能です。

ほかにもブラウザ操作に関するさまざまなアクションをご用意しています。ご興味がある方は無料トライアルをご利用いただき、ご確認ください。

RPAツール「JobAuto」について詳しく知りたい方はこちらから

コメントを残す