カテゴリー
機能紹介

【RPA】自動的に作成したフォルダに、ファイルを保存したい

今月のフォルダを新しく作成します。また作成したフォルダへエクセルファイルを保存します。RPAを使ってこの作業を自動的に行います。JobAutoではどのように行うのかを説明します。RPA選びの参考にしてください。

自動的に行う処理の内容。

自動的に行う処理の内容は以下の通りです。

1.今月を取得する。

2.フォルダを作成する

3.エクセルを保存する


今月を取得する。

変数の値を加工アクションを使い、今月を取得する。

変数の値を加工アクションを使う。

変数の値を加工アクションを使う

本日の日付を取得する。

+~日付操作~日付のセットと操作を行う

セットする日付の一覧から今日を選択する。

結果でも確認することができる。

日付の書式を変更する。

+~日付操作~日付の書式と操作を行う

書式の一覧にない場合は、直接書き換えることが可能。

結果でも確認することができる。

取得した日付を変数に格納する。

格納先の変数がなければ作成しよう

フォルダを作成する。

フォルダ作成アクションを使い、フォルダを作成する。

フォルダ作成アクションを使う。

RPA エクセル 保存
フォルダ作成アクションを使う

今月のフォルダを作成するフォルダを入力。

RPA エクセル 保存
例としてCドライブのtempフォルダに作成する

今月が格納されている変数を選択。

RPA エクセル 保存
▼をクリックすると変数を参照できる
RPA エクセル 保存
Cドライブのtempフォルダに作成するように設定

エクセルを保存する。

エクセルを保存アクションを使い、エクセルを保存する。

エクセルを保存アクションを使う。

RPA エクセル 保存
エクセルを保存アクションを使う

保存先へ、 今月のフォルダを作成したフォルダを入力する。

RPA エクセル 保存
例としてCドライブのtempフォルダの中のフォルダに保存する

今月が格納されている変数を選択。

RPA エクセル 保存
▼をクリックすると変数を参照できる

ファイル名を入力する。

RPA エクセル 保存
ファイル名と拡張子を忘れないようにしよう

RPAでエクセルを使った業務の自動化を行うなら株式会社 シジャム・ビーティービーのRPAツールを

フォルダを作成し、作成したフォルダを保存先としてファイルを保存する作業を自動化することができます。ご興味がある方は無料トライアルをご利用いただき、ご確認ください。

RPAツール「JobAuto」について詳しく知りたい方はこちらから

コメントを残す