カテゴリー
機能紹介

【RPA】エクセルへデータを貼り付け、ピボットテーブルを更新する

システムからダウンロードしたCSVファイルのデータをエクセルへ貼り付け、ピボットテーブルを更新します。 RPAを使ってこの作業を自動的に行います。 JobAutoではどのように行うのかを説明します。RPA選びの参考にしてください。

自動的に行う処理の内容。

自動的に行う処理の内容は以下の通りです。

1.エクセルファイルとCSVファイルを開く。

2.CSVファイルのデータをコピー

3.エクセルファイルへ貼り付け

4.エクセルファイルのピボットテーブルを更新する


CSVファイルとエクセルを開く。

エクセルを開くアクションを使ってCSVファイルを開く。

エクセルを開くアクションでCSVファイルを開くことができる。

エクセルを開くアクションを作成。

開きたいCSVファイルを設定して実行するをクリックする。

ファイルに開きたいCSVファイルを設定する。
CSVファイルが開いた。このデータをコピーする。

データを貼り付けるエクセルファイルを開く。

エクセルを開くアクションでエクセルファイルを開く。

エクセルを開くアクションを作成。

開きたいエクセルファイルを設定して実行するをクリックする。

ファイルに開きたいエクセルファイルを設定する。
エクセルファイルが開いた。このエクセルにCSVのデータを貼り付ける。

CSVファイルのデータをエクセルへ貼り付け。

CSVファイルのデータをコピーする。

コピーアクションを使って、CSVのデータをコピーする。

コピーする範囲を選択して、右クリック、コピーをクリックする。

データ範囲設定は範囲を拡張するにしておくと、データ量が異なった場合でも範囲を設定し直す必要がない。

範囲を拡張するにしておくのがおすすめ。

コピーしたデータをエクセルファイルへ貼り付ける。

ペーストアクションを使って、エクセルファイルへデータを貼り付ける。

貼り付ける位置の一番左上を選択、右クリック、コピーペースト内のペーストをクリックする。

貼り付ける位置が正しいことを確認したら実行するをクリック。

RPA エクセル ピボットテーブル
書式をペーストしないオプション「貼り付けオプション」もある。
RPA エクセル ピボットテーブル
ペーストされた。

エクセルファイルのピボットテーブルの内容を更新する。

ペーストしたデータが表示されるようにする。

データをペーストしただけだと、ピボットテーブルにデータが表示されない。

RPA エクセル ピボットテーブル

データ更新アクションを使って、ピボットテーブルにデータが表示されるようにする。

RPA エクセル ピボットテーブル
データ更新アクションを作成。
RPA エクセル ピボットテーブル
実行するをクリックする。
RPA エクセル ピボットテーブル
ペーストしたデータが表示された。

RPAでエクセルを使った業務の自動化を行うなら株式会社 シジャム・ビーティービーのRPAツールを

データを取得して貼り付け、レポートを作成する作業の自動化を行うことができます。 ご興味がある方は無料トライアルをご利用いただき、ご確認ください。

RPAツール「JobAuto」について詳しく知りたい方はこちらから

コメントを残す