カテゴリー
機能紹介

【RPA】商品のリスト別にシートを作成

商品のリストがあります。この商品のリストごとに売上商品一覧へシートを作成します。シート名は商品名です。RPAを使ってこの作業を自動的に行います。 JobAutoではどのように行うのかを説明します。RPA選びの参考にしてください。

自動的に行う処理の内容。

自動的に行う処理の内容は以下の通りです。

1.売上商品一覧エクセルを開く。

2.商品のリストを配列にします。

以下3から4の作業を繰り返し行います。
3.配列にした商品のリストから商品名を取得します。

4.3で取得した商品をシート名にしたシートを作成します。

自動化 RPA 業務
JobAutoの特設ページが開きます

売上商品一覧のエクセルファイルを開く

売り上げた商品の一覧が書かれたエクセルファイルを開きます。

エクセルを開くアクションを使って、売上商品一覧を開きます。

エクセルを開くを作成

ファイルに商品一覧のファイルパスを設定します。

商品一覧のファイルパスを設定する

商品のリストを配列にする

変数の加工されている商品のリストを配列にします。

変数の値加工アクションを使い、商品のリストを配列にします。

変数の値を加工アクションを作成

商品のリストをセットします。

値セット画面を表示します。

+~文字操作~値セットとクリック

セットする文字へ商品のリストが格納された変数を設定します。

商品のリストが格納された変数を設定する

配列に変換します。

配列に変換画面を表示します。

+~文字操作~配列に変換とクリック

区切り文字や開始位置、終了位置の設定を行います。

必要に応じて設定を行う

配列に変換後の値を変数に格納します。

加工した値の格納先を設定する

配列にした商品のリストから商品名を取得

配列にした商品のリストから商品名を取得します。

配列の繰り返し処理を使って、配列から商品名を1つづつ取得します。

RPA 配列 エクセル
配列の繰り返し処理を作成

配列が格納されている変数、取り出したデータを格納する変数を設定します。

RPA 配列 エクセル
配列から1つづつデータを取得する設定を行う


取得した商品名のシートを作成

取得した商品名を名前にしたシートを作成します。

シートの追加アクションを使って、シートを作成します。

RPA 配列 エクセル

追加するシート名へ配列から取得したデータが格納されている変数を設定します。

RPA 配列 エクセル
配列から取得したデータでシート名を付ける

RPAでエクセル業務の自動化を行うなら株式会社 シジャム・ビーティービーのRPAツールを

配列の繰り返し処理を使えば、変数に格納された配列のデータをひとつづつ取り出して処理することが可能です。ご興味がある方は無料トライアルをご利用いただき、ご確認ください。

RPAツール「JobAuto」について詳しく知りたい方はこちらから

コメントを残す