カテゴリー
機能紹介

【RPA】商品一覧から重複をなくした商品のリストを作成

売り上げた商品がエクセルファイルに一覧(売上商品一覧)で書かれています。この一覧から重複をなくした商品のリストを作成します。RPAを使ってこの作業を自動的に行います。 JobAutoではどのように行うのかを説明します。RPA選びの参考にしてください。

自動的に行う処理の内容。

自動的に行う処理の内容は以下の通りです。

1.売上商品一覧のエクセルファイルを開きます。

以下2から4の作業を繰り返し行います。
2.売上商品一覧の商品名を取得します。

3.2で取得した商品が商品リストにあるか判定を行います。ない場合は4へすすみます。

4.2で取得した商品を商品リストへ追加します。

自動化 RPA 業務
JobAutoの特設ページが開きます

売上商品一覧のエクセルファイルを開く

売り上げた商品の一覧が書かれたエクセルファイルを開きます。

エクセルを開くアクションを使って、売上商品一覧を開きます。

エクセルを開くを作成

ファイルに商品一覧のファイルパスを設定します。

商品一覧のファイルパスを設定する

売上商品一覧の商品名を取得する

行の繰り返しアクションを使って、商品名を取得します。

行の繰り返しアクションを使うと、1行づつ値が取得されます。

行の繰り返しアクションを作成

1行目を列名とするにチェックを入れ、列名を変数に登録するをクリックします。

エクセルから取得した値を変数に格納するための設定を行う
値を格納する先の変数グループを作成

商品リストにあるか判定を行う。

売上商品一覧から取得した商品が商品リストにあるか判定を行います。

変数の値を評価アクションを使って、商品リストにあるか判定します。

変数の値を評価アクションを作成

商品のリスト(ユニーク商品名)に売上商品一覧から取得した商品が含まれている(contain)かを判定しています。含まれている場合は、すべての条件を満たすのでハンドリング処理の内容が実行されます。ハンドリング処理の内容は後続処理をしないとなっているので、売上商品一覧の次の行へ処理が進みます。

含まれていない場合は後続処理が実行される


売上商品一覧の商品を商品リストへ追加

売上商品一覧から取得した商品が商品リストに含まれていなかった場合の処理です。売上商品一覧の商品を商品リストへ追加します。

変数の値を加工アクションを使って、商品リストへ追加します。

RPA 重複 エクセル
変数の値を加工アクションを作成

商品リストが格納された変数をセットします。

RPA 重複 エクセル
+~文字操作~値セットとクリック

セットする文字へ商品リストと改行、そして商品が格納されている変数を設定します。

RPA 重複 エクセル
改行をつけるのをわすれずに

加工した値の格納先へ商品リストを設定します。

RPA 重複 エクセル
商品リストが格納されている変数を設定する

RPAでエクセル業務の自動化を行うなら株式会社 シジャム・ビーティービーのRPAツールを

変数の値の評価と変数の値の加工アクションを使えば、エクセルの重複したデータの削除を行うことが可能です。ご興味がある方は無料トライアルをご利用いただき、ご確認ください。

RPAツール「JobAuto」について詳しく知りたい方はこちらから

コメントを残す