カテゴリー
機能紹介

【RPA】アプリの明細画面へ入力する

エクセルに書かれた経費の内容をアプリの明細画面へ入力します。この作業を自動化します。JobAutoではどのように行うのかを説明します。RPA選びの参考にしてください。

自動的に行う処理の内容。

自動的に行う処理の内容は以下の通りです。

1.経費が入力されたエクセルを開く

2.経費申請システムを起動する

3.経費申請システムへログインする

4.経費申請画面を開く

5.経費を入力する明細を表として認識する

以下6と7を繰り返し行う
6.エクセルの値を取得する

7.エクセルの値を経費申請システムの明細へ入力する

自動化 RPA 業務
JobAutoの特設ページが開きます

経費が入力されたエクセルを開く。

エクセルファイルを開きます。

エクセルを開くアクションを使って、エクセルファイルを開きます。

エクセルを開くアクションを作成

ファイルへ経費が入力されたエクセルファイルを設定する。

ファイルへ開くエクセルファイルのパスを設定する

経費申請システムを起動する。

タスクバーに接続します。

経費申請システムを起動するため、起動中のアプリに接続アクションを使ってタスクバーに接続します。

起動中のアプリに接続アクションを作成

接続先に表示された一覧からタスクバーを選択します。

タスクバーを選択する

経費申請システムを起動します。

タスクバー内の経費申請システムのショートカットをクリックして起動します。アプリを認識するマッチング方式は要素を設定します。

マウス操作アクションを作成

クリックするアクションを作成します。

デフォルトの設定で作成する

経費申請システムへログインする。

ログイン画面へ接続します。

ログインを行うため、起動中のアプリに接続アクションを使ってログイン画面へ接続します。

起動中のアプリに接続アクションを作成

接続先に表示された一覧からログイン画面を選択します。

ログインを選択する

ログイン名を入力します。

ログイン名を値入力アクションを使って入力します。アプリを認識するマッチング方式は要素を設定します。

値入力アクションを作成

値入力へログイン名を入力します。

ログイン名を入力する

パスワードを入力します。

パスワードへパスワードを入力します。

パスワードを入力する

ログインをクリックします。

ログインをクリックしてログインします

マウス操作アクションを作成

クリックするアクションを作成します

デフォルトの設定で作成

経費申請画面を開く。

メニュー画面へ接続します。

経費申請画面を開くため、起動中のアプリに接続アクションを使ってメニュー画面へ接続します。

起動中のアプリに接続アクションを作成

接続先に表示された一覧からメニュー画面を選択します。

メニュー画面を選択する

経費申請をクリックします。

経費申請をクリックして経費申請画面を表示します。アプリを認識するマッチング方式は要素を設定します。

マウス操作アクションを作成

クリックするアクションを作成します。

デフォルトの設定で作成

経費を入力する明細を表として認識する。

経費申請へ接続します。

経費を入力するため、起動中のアプリに接続アクションを使って経費申請画面へ接続します。

起動中のアプリに接続アクションを作成

接続先に表示された一覧から経費申請入力を選択します。

経費を入力する明細を表として認識します。

表として操作するアクションを使い、明細を表として認識させます。アプリを認識するマッチング方式は要素を設定します。

表として操作するアクションを作成

明細を赤線で区切られた表として認識させます。

デフォルトの設定で作成


エクセルの値を取得する。

行の繰り返しアクションを使ってエクセルの値を変数に格納します。

行の繰り返しアクションを作成します。

RPA アプリ 明細
行の繰り返しアクションを作成

列名を変数に登録する機能を使い、列ごとの値が変数に格納されるように設定します。

RPA アプリ 明細
列名と変数の紐づけを行う

明細へエクセルの値を入力する。

表として認識した明細にエクセルの値を入力します。

明細へ値入力アクションを使って入力します。アプリを認識するマッチング方式は表形式を設定します。

RPA アプリ 明細
値入力アクションを作成する

値入力へエクセルから取得した値が格納されている変数を設定します。また行番号を変数参照にしています。表の「2行目」に入力するため、変数の値は「2」が格納されています。

RPA アプリ 明細
行番号と列番号で表の入力する個所がきまる

変数「行番号」へ1を加算します。

変数の値を加工アクションを作成します。

RPA アプリ 明細
変数の値を加工アクションを作成

値セット機能と使って、変数「行番号」をセットします。

RPA アプリ 明細
+~文字操作~値セット

セットする文字へ変数「行番号」をセットします。

RPA アプリ 明細
セットする文字へセットする

四則演算機能を使って変数「行番号」へ1を加算します。

RPA アプリ 明細
+~数値操作~四則演算

四則演算を「+」、数値を「1」に設定します。

RPA アプリ 明細
演算結果は結果に表示される

加工した値の格納先へ変数「行番号」を設定します。

RPA アプリ 明細
変数「行番号」へ格納する

RPAで明細への入力業務の自動化を行うなら株式会社 シジャム・ビーティービーのRPAツールを

表形式の明細への入力作業の自動化を行うことができます。表形式として認識しているので、作成したロボットが安定して動きます。ご興味がある方は無料トライアルをご利用いただき、ご確認ください。

RPAツール「JobAuto」について詳しく知りたい方はこちらから

コメントを残す