カテゴリー
機能紹介

【RPA】エラーが発生した、していないで判定する

システムへログインします。システムへのログインが成功したことをロボットではどのように判定したらいいでしょうか。JobAutoではどのように行うのかを説明します。RPA選びの参考にしてください。

自動的に行う処理の内容。

自動的に行う処理の内容は以下の通りです。

1.ブラウザを起動し、システムを表示する

2.システムへログインする

3.トップページ内のアイコンをクリックする

4.クリックに失敗した場合は、エラーメールを送信する

自動化 RPA 業務
JobAutoの特設ページが開きます

ブラウザを起動し、システムを表示する。

ブラウザを起動します。

ブラウザを起動アクションを使って、ブラウザを起動します。

ブラウザを起動アクションを作成

デフォルトのChromeを使用します。

Chromeを選択する

システムを表示します。

ページを表示アクションを使い、起動したブラウザでシステムを表示します。ページを開くアクションは、ブラウザを起動アクションを作成すると自動的に作成されます。

URLへ表示するページのURLを入力

システムへログインする。

メールアドレスを入力します。

値の入力アクションを使い、メールアドレスを入力します。メールアドレスを入力する個所を選択して右クリックし、値入力をクリックします。

メニューから値入力を選択する

入力する値へブラウザへ入力するメールアドレスを設定します。

入力する値へ設定する

パスワードを入力します。

値の入力アクションを使い、パスワードを入力します。パスワードを入力する個所を選択して右クリックし、値入力をクリックします。

メニューから値入力を選択する

ログインボタンをクリックします。

マウス操作アクションを使って、ログインボタンをクリックします。 ログインボタンを選択して右クリックし、「ログイン」を見つけてマウス操作をクリックします。

メニューから「ログイン」を見つけてマウス操作を選択する

マウス操作の種類からクリックを選択します。

1回のクリックなので、クリックを選択する

ログイン後、表示されているものをクリックする。

ログイン後の画面に表示されているシステム名をクリックします。クリックに成功すればログインできている、失敗すればログインできていないと分岐させます。

ログインできていることを確認するために、マウス操作アクションでシステム名をクリックします。 システム名(受注システム)を選択して右クリックし、「受注システム」を見つけてマウス操作をクリックします。

「受注システム」を見つけてマウス操作を選択

マウス操作の種類からクリックを選択します。

RPA エラー 分岐
1回のクリックなので、クリックを選択する

ログインできていなかった場合は、このアクションはエラーになります。エラーとなった場合、分岐をさせるのでエラー発生時の対応の設定を行います。

RPA エラー 分岐
エラーとなったら分岐している別の処理を行う

エラーになった場合の分岐処理の設定。

システム名をクリックするアクションがエラーになった場合はメール送信する手順にします。

メール送信アクションを使い、ログインに失敗したというメールを送ります。

RPA エラー 分岐
メール送信アクションを作成

差出人、宛先、件名、本文を設定します。

RPA エラー 分岐
CCやBCCも設定することができる

RPAで分岐が発生する業務の自動化を行うなら株式会社 シジャム・ビーティービーのRPAツールを

アクションでエラーが発生した、発生していないで分岐処理を行うことができます。ロボットの処理の中で発生する判定に活用できます。ご興味がある方は無料トライアルをご利用いただき、ご確認ください。

RPAツール「JobAuto」について詳しく知りたい方はこちらから

コメントを残す