カテゴリー
機能紹介

【RPA】エクセルへ繰り返しペーストする

フォルダにある複数のエクセルファイル(受付票)の内容をコピーし、1つのエクセルファイル(受付リスト)へ繰り返しペーストします。RPAを使ってこの作業を自動的に行います。 JobAutoではどのように行うのかを説明します。RPA選びの参考にしてください。

自動的に行う処理の内容。

自動的に行う処理の内容は以下の通りです。

1.ペースト先のエクセルファイル(受付リスト)を開く

2.内容をコピーするエクセルファイル(受付票)があるフォルダを指定する

※以下3~6は内容をコピーするエクセルファイル(受付票)の数だけ繰り返し行う
3.内容をコピーするエクセルファイル(受付票)を開く

4.エクセルファイル(受付票)の内容をコピーする

5.4でコピーしたエクセルファイル(受付リスト)へペーストする

6.エクセルファイル(受付票)を閉じる
※3へ戻ります

自動化 RPA 業務
JobAutoの特設ページが開きます

エクセルファイル(受付リスト)を開く。

ペースト先のエクセルファイル(受付リスト)を開きます。

エクセルを開くアクションを使って開きます。

エクセルを開くアクションを作成する
ファイルに受付リストのパスを設定する

エクセルファイル(受付票)があるフォルダを指定する

ファイルの繰り返し処理アクションへ、エクセルファイル(受付票)が格納されているフォルダを指定します。

ファイルの繰り返し処理アクションを使うことで、指定したフォルダ内のファイルに同じアクションを行うことができます。

ファイルの繰り返し処理アクションを作成する

繰り返し処理対象のファイルパスの格納先へ変数を設定します。この後のアクションでこの変数を参照します。

フォルダに受付票が格納されているフォルダを設定。またファイル名に含む文字へ設定することで、処理しないファイルを除外することができる


エクセルファイル(受付票)を開く。

ファイルの繰り返し処理アクションで設定した変数を参照する。

エクセルを開くアクションを使い、エクセルファイル(受付票)を開く。

エクセルを開くアクションを作成する

ファイルへ、ファイルの繰り返し処理アクションで設定した変数を設定する。

エクセルファイル(受付票)を開く

エクセルファイル(受付票)の内容をコピーする。

セルの値の取得アクションを使いコピーする。

コピーしたいセルを選択して、セルの値の取得アクションを作成する。

RPA  エクセル 繰り返し
セルの値取得アクションを作成する

格納先へ取得した値を格納する変数を設定する。

RPA  エクセル 繰り返し
格納先に指定した変数に値が格納される

エクセルファイル(受付リスト)へペーストする。

セルに値入力アクションを使い、コピーした内容を入力する。

入力したいセルを選択し、セルに値入力アクションを作成する。

RPA  エクセル 繰り返し
セルに値入力アクションを作成する

入力値にセルの値取得アクションで設定した変数を設定する。

RPA  エクセル 繰り返し
セルの値取得アクションで設定した変数を設定する

エクセルファイル(受付票)を閉じる

コピーが終わったエクセルファイル(受付票)を閉じる。

エクセルを閉じるアクションを使って、エクセルを閉じる。

RPA  エクセル 繰り返し
エクセルを閉じるアクションを作成する
RPA  エクセル 繰り返し
エクセル(受付票)を閉じる

ここまで終わったらエクセルファイル(受付票)を開くに戻り、次に内容をコピーするファイルを開きます。


RPAで大量のファイルを処理する業務の自動化を行うなら株式会社 シジャム・ビーティービーのRPAツールを

ファイルの繰り返し処理アクションを使えば、設定したフォルダの中のファイルに同じ処理を行うことができます。たくさんのファイルに同じ作業をしないといけない場合に使うと、自動化の効果をより実感できます。ご興味がある方は無料トライアルをご利用いただき、ご確認ください。

RPAツール「JobAuto」について詳しく知りたい方はこちらから

コメントを残す