カテゴリー
機能紹介

【RPA】ファイルを圧縮する

ファイルを圧縮してメールに添付をして送ります。 RPAを使ってこの作業を自動的に行います。 JobAutoではどのように行うのかを説明します。RPA選びの参考にしてください。

自動的に行う処理の内容。

自動的に行う処理の内容は以下の通りです。

1.圧縮ファイルのパスを作成する

2.ファイルを圧縮する

3.メールに添付して送る

自動化 RPA 業務
JobAutoの特設ページが開きます

圧縮ファイルのパスを作成する。

変数の値を加工アクションを使って圧縮したファイルのパスを作成する。

変数の値を加工アクションを使って作成する。

変数の値を加工アクションを作成

値セット機能を起動する。

文字操作~値セットとクリック

セットする文字へ圧縮ファイルのパスを設定する。

フォルダ名とファイル名を書く

加工した値の格納先へ変数を設定する。

変数を設定する
RPA ブラウザ アップロード
実行するをクリックするとアクションが実行される。

ファイルを圧縮する。

ファイル圧縮と解凍アクションを使って、圧縮ファイルを作成する。

RPA ファイル 圧縮
ファイル圧縮と解凍アクションを作成する

圧縮の対象のファイルへ圧縮するファイル、圧縮ファイルの出力先へ圧縮ファイルのパスが格納されている変数名を設定する。

RPA ファイル 圧縮
対象のファイルと圧縮ファイルの出力先へ設定を行う

メールに添付して送る。

メール送信アクションを使い、ファイルを送る。

RPA ファイル 圧縮
メール送信アクションを作成する

添付1へ圧縮ファイルのファイルパスが格納されている変数を設定する。

RPA ファイル 圧縮
宛先や件名、本文も設定する

RPAでファイルを圧縮する業務の自動化を行うなら株式会社 シジャム・ビーティービーのRPAツールを

ファイルの圧縮も1つのアクションで簡単に実行することが可能です。また圧縮したファイルをメール送信アクションを使って送ることができます。ご興味がある方は無料トライアルをご利用いただき、ご確認ください。

RPAツール「JobAuto」について詳しく知りたい方はこちらから

コメントを残す