カテゴリー
機能紹介

【RPA】数式をコピーして最終行まで貼り付ける

エクセルファイルへデータを貼り付け、貼り付けたデータの左端へ計算する式を入力します。RPAを使ってこの作業を自動的に行います。 JobAutoではどのように行うのかを説明します。RPA選びの参考にしてください。

自動的に行う処理の内容。

自動的に行う処理の内容は以下の通りです。

1.売上のCSVファイルと売上をまとめているエクセルファイルを開く

2.エクセルファイルへ新しいシートを作成する

3.CSVファイルからエクセルファイルへデータを貼り付ける

ここからエクセルファイルだけで作業
4.エクセルファイルのセルへ数式を入力する

5.4で数式を入力したセルをコピー

6.コピーしたセルを最終行まで貼り付ける

自動化 RPA 業務
JobAutoの特設ページが開きます

売上CSVファイルと売上をまとめたエクセルファイルを開く。

売上エクセルファイルを開く。

エクセルを開くアクションを使い、売上エクセルファイルを開く 。

エクセルを開くアクションを作成。

開くエクセルファイルを設定する。

売上CSVファイルを開く。

エクセルを開くアクションを使い、売上CSVファイルを開く 。

エクセルを開くアクションを作成。

開くエクセルファイルを設定する。


売上エクセルファイルへシートを追加する

変数の値を加工アクションを使って追加するシート名を変数に格納する。

変数の値を加工アクションを使い、シート名を作成。

変数の値を加工アクションを作成する。

日付操作~日付のセットとクリックし、日付のセット画面を起動する。

日付操作から日付のセットを選択する

作成するシート名は処理日の前月としたいので、セットする日付は前月月初を選択する。

前月月初を選択する

作成するシート名の書式をYYYY年MM月としたいので、日付の書式を行う。

日付操作から日付の書式を選択する

書式へYYYY年MM月と入力する。

結果を見て、YYYY年MM月となっていることを確認しよう

作成したシート名を格納する変数を設定する。

加工した値の格納先へ作成したシート名を格納する

シートを追加する。

シートの追加アクションを使って、シートを追加する。

シートの追加アクションを作成する

追加するシート名へ、先ほど作成したシート名が格納されている変数を設定する。

変数を設定する


CSVファイルからエクセルファイルへデータを貼り付ける。

CSVファイルのデータをコピーする。

CSVファイルのデータをコピーする範囲を選択し、コピーアクションを作成する。

コピーアクションを作成する

対象となるセルがコピーしたい範囲になっていることを確認する。

対象となるセルはアクションを作成するときに選択した範囲が自動的に設定される。

エクセルファイルへコピーしたデータを貼り付ける。

データを貼り付けるシートのセルを選択して、ペーストアクションを作成する。

ペーストアクションを作成する

基点となるセルがデータを貼り付ける箇所になっていることを確認する。

RPA エクセル ペースト 最終行
基点となるセルはアクションを作成するときに選択したセルが自動的に設定される。

計算する数式を入力する。

値の入力アクションを使って、数式を入力する。

数式を入力するセルを選択して、セルに値入力アクションを作成する。

RPA エクセル ペースト 最終行
セルに値入力アクションを使って数式を入力する

入力値に数式を入力する。

RPA エクセル ペースト 最終行
合計を行いたいので、エクセルのSUM関数を入力

数式を入力したセルをコピーする。

コピーアクションを使い、数式を入力したセルをコピーする。

数式を入力したセルを選択して、コピーアクションを作成する。

RPA エクセル ペースト 最終行
コピーアクションを作成する

対象となるセルがコピーしたい範囲になっていることを確認する。

RPA エクセル ペースト 最終行
対象となるセルはアクションを作成するときに選択した範囲が自動的に設定される。

コピーしたセルを最終行まで貼り付ける。

ペーストアクションを使い、最終行まで貼り付ける。

ペーストを行う先頭行を選択し、ペーストアクションを作成する。

RPA エクセル ペースト 最終行
数式を入力したセルの1行下のセルを選択して、ペーストアクションを作成する

基点となっているセルがデータを貼り付ける箇所になっているかを確認する。また最終行まで貼り付けるへチェックを入れる。

RPA エクセル ペースト 最終行
最終行まで貼り付けるへチェックを入れると、自動的に最終行までコピーしたセルの内容がペーストされる

RPAでエクセルを使った業務の自動化を行うなら株式会社 シジャム・ビーティービーのRPAツールを

エクセルへ数式を入力し、その数式をコピーして計算結果を表示することができます。ほかにもさまざまなエクセルにかかわる作業を自動化することができます。ご興味がある方は無料トライアルをご利用いただき、ご確認ください。

RPAツール「JobAuto」について詳しく知りたい方はこちらから

コメントを残す