カテゴリー
機能紹介

【RPA】エクセルへフィルタをかけ、別シートへ貼り付ける

エクセルファイルへ店舗名でフィルタをかけ、表示されたデータをコピーして作成した別のシートへ貼り付けます。RPAを使ってこの作業を自動的に行います。 JobAutoではどのように行うのかを説明します。RPA選びの参考にしてください。

自動的に行う処理の内容。

自動的に行う処理の内容は以下の通りです。

1.売上エクセルと店舗一覧エクセルを開く。

以下2~6の作業を店舗一覧エクセルの店舗名の数だけ繰り返し

2.店舗一覧エクセルから店舗名を取得

3.2で取得した店舗名で売上エクセルへフィルタをかける

4.フィルタをかけたセルをコピー

5.2で取得した店舗名で売上エクセルへシートを作成

6.5で作成したシートへ4でコピーしたデータをペースト


売上エクセルと店舗一覧エクセルを開く。

売上エクセルを開く。

エクセルを開くアクションを使い、売上エクセルを開く 。

エクセルを開くアクションを作成。

開くエクセルファイルを設定する。

ファイルへ開く売上エクセルのフォルダとファイル名を設定する。

店舗一覧エクセルを開く。

エクセルを開くアクションを使い、店舗一覧エクセルを開く 。

エクセルを開くアクションを作成。

開くエクセルファイルを設定する。

ファイルへ開く店舗一覧エクスるのフォルダとファイル名を設定する。

店舗一覧エクセルから店舗名を繰り返し取得する

行の繰り返しを使い、店舗名を繰り返し取得する。

行の繰り返しを使って、店舗名を順に取得する。

行の繰り返しアクションを作成する。

列名を変数に登録し、列ごとの値が格納される変数を設定する。

A列の店舗名は変数:店舗一覧_店舗名へ格納される。


売上エクセルへフィルタをかける。

店舗一覧から取得した店舗名でフィルタをかける。

フィルターアクションを使い、売上エクセルへフィルタをかける。

フィルターアクションを使う
以下のテキストを含むレコードを表示へ店舗一覧エクセルから取得した値が格納されている変数を設定する

フィルタをかけた後のセルをコピー。

コピーアクションを使ってフィルター後のセルをコピーする。

コピーアクションを作成する。

RPA エクセル フィルタ
コピーアクションを作成する
RPA エクセル フィルタ
データ範囲設定は範囲を拡張するにしておく

売上エクセルへシートを追加する。

シートの追加アクションを使い、シート名を店舗名で追加する。

シートの追加アクションを作成する。

RPA エクセル フィルタ
シートの追加アクションを作成
RPA エクセル フィルタ
追加するシート名に店舗一覧エクセルから取得した店舗名が格納されている変数を設定する

作成したシートへコピーしたデータを貼り付ける。

ペーストアクションを使い、作成したシートへ貼り付け。

ペーストアクションを作成する。

RPA エクセル フィルタ
ペーストアクションを作成
RPA エクセル フィルタ
コピーしたデータを貼り付ける

RPAでエクセルを使った業務の自動化を行うなら株式会社 シジャム・ビーティービーのRPAツールを

エクセルのデータの一覧へフィルタをかけ、フィルタをかけた条件でシートごとにデータを分けることができます。ほかにもさまざまなエクセルにかかわる作業を自動化することができます。ご興味がある方は無料トライアルをご利用いただき、ご確認ください。

RPAツール「JobAuto」について詳しく知りたい方はこちらから

コメントを残す