カテゴリー
機能紹介

【RPA】エクセルへデータを追加する

エクセルファイルにCSVファイルのデータを貼り付けます。貼り付けるときにエクセルの最終行の次の行へ貼り付けます。 RPAを使ってこの作業を自動的に行います。 JobAutoではどのように行うのかを説明します。RPA選びの参考にしてください。

自動的に行う処理の内容。

自動的に行う処理の内容は以下の通りです。

1.エクセルファイルとCSVファイルを開く。

2.エクセルファイルの貼り付け開始位置を作成する

3.CSVファイルのデータをコピー

4.エクセルファイルへ貼り付け


エクセルファイルとCSVファイルを開く。

エクセルファイルを開く。

エクセルを開くアクションを使い、エクセルファイルを開く 。

エクセルを開くアクションを作成。

開くエクセルファイルを設定する。

ファイルへ開くエクセルファイルのフォルダとファイル名を設定する。

CSVファイルを開く。

エクセルを開くアクションを使い、CSVファイルを開く 。

エクセルを開くアクションを作成。

開くエクセルファイルを設定する。

ファイルへ開くCSVファイルのフォルダとファイル名を設定する。

エクセルファイルの貼り付け開始位置を作成する

行列の最大番号を取得アクションを使い、エクセルファイルの最終行を取得する。

エクセルの最終行を取得する。

行列の最大番号を取得アクションを作成する。

最大行番号を格納する変数を設定する。

エクセルの最終行は最大行番号に設定した変数に格納される。

変数の値を加工アクションを使い、貼り付け開始位置を作成する。

取得したエクセルの最終行に1を加算する。加算した値がデータを貼り付けるときの貼り付け開始行となる。

変数の値を加工アクションを作成。

変数の値を加工アクションを作成する。

取得したエクセルファイルの最終行が格納されている変数をセットする。

+~文字操作~値セット
変数をセットした。

数値操作でセットした変数の値に1を加算する。

+~数値操作~四則演算
四則演算に+、数値に1を設定する

文字の追加を行い、貼り付け開始位置を作成する。

RPA エクセル ペースト
+~文字操作~文字追加を行う。
RPA エクセル ペースト
列の位置を追加する。

作成した貼り付け開始位置を格納する変数を設定する。

RPA エクセル ペースト
格納先の変数を設定。


CSVファイルのデータをコピーする。

CSVファイルのデータをコピーする。

コピーアクションを使い、データをコピーする。

RPA エクセル ペースト
項目名はコピーの対象外にする
RPA エクセル ペースト
データの範囲設定は範囲を拡張するにしておく。

エクセルファイルへ貼り付ける。

ペーストアクションを使ってコピーしたデータを貼り付ける。

ペーストアクションを使って、最終行の次の行から貼り付ける。

RPA エクセル ペースト
ペーストアクションを作成する。
RPA エクセル ペースト
基点となるセルへ貼り付け開始位置が格納されている変数を設定する

RPAでエクセルを使った業務の自動化を行うなら株式会社 シジャム・ビーティービーのRPAツールを

エクセルにコピーしたデータを追加していく作業を自動化できます。ほかにもさまざまなエクセルにかかわる作業を自動化することができます。ご興味がある方は無料トライアルをご利用いただき、ご確認ください。

RPAツール「JobAuto」について詳しく知りたい方はこちらから

コメントを残す