カテゴリー
機能紹介

【RPA】フォルダ内のファイル名をすべて変更する

フォルダに保存されているファイル名をすべて変更する作業を行います。 RPAを使ってこの作業を自動的に行います。 JobAutoではどのように行うのかを説明します。RPA選びの参考にしてください。

自動的に行う処理の内容。

自動的に行う処理の内容は以下の通りです。

1.フォルダ内のファイルをリスト化 ※リストにあるファイルだけ、2から4の処理が行われる

2.変更後のファイル名を作成

3.元のファイルをコピーし、2で作成したファイル名で保存

4.元のファイルを削除

自動化 RPA 業務
JobAutoの特設ページが開きます

フォルダ内のファイルをリスト化する。

ファイルの繰り返し処理アクションをフォルダ内のファイルをリスト化する。

ファイルの繰り返しアクションを使えば指定したフォルダ内のファイルのリスト化をすることができる。

ファイルの繰り返し処理アクションを作成。

フォルダを指定するとフォルダ内に保存されているファイルがリスト化される。

フォルダ内のファイルがすべてリスト化される。

リストから取り出したファイルパスを格納する変数を設定する。

格納先の設定を行う。

ファイル名を変更した後のファイルパスを作成

変数の値の加工アクションを使い、ファイル名を変更した後のファイルパスを作成する。

変数の値を加工アクションでファイル名を変更した後の、ファイルパスを作成。

変数の値を加工アクションを使う。

変数の値を加工アクションへリストから取り出したファイルパスをセットする。

文字操作~値セットと行う。
リストから取り出したファイルパスをセット。

文字置換を使い、ファイルパス内のファイル名を変更する。

文字操作~文字置換と行う。
検索文字へ変更前の文字、置換文字へ変更後の文字を設定する。
文字置換した後のファイルパスの格納先を設定する。


ファイル名を変更する。

リストから取り出したファイルをコピーし、変更後のファイル名で保存する。

ファイルコピーアクションを使って、ファイルをコピーする。

RPA ファイル 変更
ファイルコピーアクションを作成。

コピー元のファイルへリストから取り出したファイルパス、コピー先のファイルへ文字置換した後のファイルパスを設定する。

RPA ファイル 変更
コピー元、コピー先、両方設定する。

リストから取り出したファイルを削除する。

ファイル削除アクションを使って、リストから取り出したファイルを削除する。

RPA ファイル 変更
ファイル削除アクションを作成。

ファイルにリストから取り出したファイルを設定する。

RPA ファイル 変更
ファイルにリストから取り出したファイルを設定する。

RPAで大量のファイルを操作する業務の自動化を行うなら株式会社 シジャム・ビーティービーのRPAツールを

フォルダ内のすべてのファイルの名前を変更する作業が自動化できます。ほかにもさまざまなファイルにかかわる作業を自動化することができます。ご興味がある方は無料トライアルをご利用いただき、ご確認ください。

RPAツール「JobAuto」について詳しく知りたい方はこちらから

コメントを残す