カテゴリー
機能紹介

【RPA】GoogleSpreadSheetからデータを取得する

RPAを使ってGoogleSpreadSheetからデータの取得を自動的に行います。JobAutoではどのように行うのかを説明します。RPA選びの参考にしてください。

データを取得するGoogleSpreadSheetを表示する。

ページを開くアクションを使ってGoogleSpreadSheetを表示。

必要に応じてGoogleへのログインは行います。今回はGoogleへのログインは割愛します。

RPA ブラウザ GoogleSpreadSheet
GoogleSpreadSheetをのURLを指定する。
RPA ブラウザ GoogleSpreadSheet
GoogleSpreadSheetを表示できた。
RPA ブラウザ GoogleSpreadSheet
今回はGoogleへのログインは割愛。

GoogleSpreadSheetから値を取得するアクションを作成。

コントールパネルのブラウザ~GoogleSpread~スプレッドの値取得とクリックして、 スプレッドの値取得 アクションを作成する。

コントールパネルからアクションを作成する。

値を取得するセル、取得した格納先の変数の設定を行う。

取得したデータをほかのシステムへ連携する。

値の入力アクションで入力。

値入力をクリックして値入力アクションを作成。

GoogleSpreadSheetから取得したデータが格納されている変数を入力する値へ設定。

入力できた。

RPAでブラウザを使った業務の自動化を行うなら株式会社 シジャム・ビーティービーのRPAツールを

いかがでしたでしょうか。GoogleSpreadSheetからデータを取得するには以下の手順で行います。

  • ページを開くアクションでGoogleSpreadSheetを表示。
  • コントールパネルのブラウザ~GoogleSpread~スプレッドの値取得とクリックして、アクションを作成。
  • データを取得するセルと取得したデータの格納先となる変数を設定。

今回は取得したデータをほかのシステムへ連携することをご紹介しましたが、ほかのアプリケーションへ連携することも可能です。ご興味がある方は無料トライアルをご利用いただき、ご確認ください。

RPAツール「JobAuto」について詳しく知りたい方はこちらから

コメントを残す