カテゴリー
機能紹介

【RPA】ブラウザに表示された一覧のデータを取得

ブラウザに表示されている一覧のデータの取得を行います。 RPAを使ってこの作業を自動的に行います。 JobAutoではどのように行うのかを説明します。RPA選びの参考にしてください。

自動的に行う処理の内容。

自動的に行う処理の内容は以下の通りです。

1.一覧が表示されているページを表示する

2.一覧のデータを行ごとに取得する。2と3をデータがあるだけ繰り返す

3.取得したデータをエクセルへ貼り付ける

自動化 RPA 業務
JobAutoの特設ページが開きます

一覧が表示されているページへすすむ。

クリックアクションを使って一覧が表示されているページを表示。

一覧が表示される画面を表示するリンクをクリックするアクションを作成。

RPA ブラウザ 値取得
受注一覧をクリックするアクションを作成。
RPA ブラウザ 値取得
実行するをクリックするとアクションが実行される。
RPA ブラウザ 値取得
一覧のページを表示できた。

一覧の行をロボットに認識させるアクションを作成。

一覧を行単位で処理を実行するため、一覧の行をロボットに認識させる。認識した行からどの列のデータを取得する、というイメージ。

RPA ブラウザ 値取得
処理対象を行にする。
RPA ブラウザ 値取得
処理対象が行になっていることを確認したら、実行するをクリックする。
行を認識させることができた。次にどの列のデータを取得するかを指定する。

一覧のデータを取得する。

一覧のデータを取得したい列から取得するアクションを作成。

認識した行の中の取得したい列をクリックして選択、データを取得するアクションを作成する。

値取得アクションを作成する。

取得したデータをどの変数に格納するか指定する。

変数の指定ができたら実行するをクリックする。
指定した変数に格納されている。

取得したデータをエクセルへ入力する。

エクセルへのデータ連携をしてみる。

取得したデータをエクセルへ転記することも可能。

セルへ値入力アクションを使って、入力を行う。
入力値に取得したデータが格納されている変数を設定する。
データの入力ができた。
すべてのデータを転記できた。

RPAでブラウザを使った業務の自動化を行うなら株式会社 シジャム・ビーティービーのRPAツールを

いかがでしたでしょうか。ブラウザに表示されている一覧のデータを取得するには以下の手順で行います。

  • 一覧の行を範囲選択する
  • 右クリックしてメニューを表示して、要素の繰り返しアクションを選択して作成
  • データを取得する列からデータを取得

今回は取得するエクセルへの連携をご紹介しましたが、ほかのアプリケーションへ連携することも可能です。ご興味がある方は無料トライアルをご利用いただき、ご確認ください。

RPAツール「JobAuto」について詳しく知りたい方はこちらから

コメントを残す