カテゴリー
機能紹介

【RPA】取得した日付と今日の日付の差分を算出する

システムから日付を取得します。そして取得した日付と今日の日付の差ヴンを算出します。RPAを使ってこの作業を自動的に行います。 JobAutoではどのように行うのかを説明します。RPA選びの参考にしてください。

自動的に行う処理の内容。

自動的に行う処理の内容は以下の通りです。

1.システムから日付を取得。

2.1で取得した日付の書式を変更

3.今日の日付を取得。

4.今日の日付と取得した日付の差分を算出。

自動化 RPA 業務
JobAutoの特設ページが開きます

システムから日付を取得

WEBシステムから日付を取得します。

値の取得アクションを使って、WEBシステムから日付を取得します。

値取得アクションを作成する

取得した日付を格納する変数を設定します。

変数「日付」へ格納する

取得した日付の書式を変更

取得した日付の書式をYYYY-MM-DDへ変更します。

変数の値を加工アクションを使って、取得した日付の書式を変更します。

変数の値を加工アクションを作成

取得した日付をセットします。

+~文字操作~値セット

セットする文字へ取得した日付が格納されている変数「日付」をセットします。

変数「日付」をセット

日付の書式を変更します。

+~日付操作~日付の書式

書式を%Y-%m-%dを選択し、YYYY-MM-DDになるようにします。

%Y-%m-%dを選択

加工後の値を変数に格納します。

変数「日付」へ格納

今日の日付を取得

ロボットが実行されている今日の日付を取得します。

変数の値加工アクションを使い、今日の日付を取得します。

RPA 日付 差分 算出
変数の値を加工アクションを作成

値セット画面を表示します。

RPA 日付 差分 算出
+~文字操作~値セットとクリック

セットする文字へ今日の日付を取得する関数を設定します。

RPA 日付 差分 算出
関数TODAYを設定する

今日の日付と取得した日付の差分を算出

今日の日付から取得した日付をひいて差分を算出します。

変数の値を加工アクションを使って、今日の日付から取得した日付をひきます。

RPA 日付 差分 算出
変数の値を加工アクションを作成

日付の差を取得機能を使って、差分を取得します。

RPA 日付 差分 算出
+~日付操作~日付の差を取得

終了日に今日の日付が格納されている変数、開始日にシステムから取得した日付が格納されている変数を設定します。また単位は日を選択します。

RPA 日付 差分 算出
単位を日にする

算出結果を格納する変数を設定します。

RPA 日付 差分 算出
変数「日付の差」を設定


RPAで日付操作の自動化を行うなら株式会社 シジャム・ビーティービーのRPAツールを

日付操作機能を使うことで2つの日付の差を取得することが可能です。ご興味がある方は無料トライアルをご利用いただき、ご確認ください。

RPAツール「JobAuto」について詳しく知りたい方はこちらから

コメントを残す