カテゴリー
機能紹介

【RPA】エクセルシートへ保護するためのパスワードを設定

エクセルシートへシートを保護するためのパスワードを設定する作業を自動化します。JobAutoではどのように行うのかを説明します。RPA選びの参考にしてください。

自動的に行う処理の内容。

自動的に行う処理の内容は以下の通りです。

1.エクセルの校閲タブを表示。

2.シートの保護をクリック。

3.シートの保護を解除するためのパスワードを設定。

4.パスワードの確認へ3で設定したパスワードを入力。

JobAutoの特設ページが開きます

校閲タブを表示する。

処理対象のエクセルに接続します。

アプリに接続アクションを使って、処理対象のエクセルへ接続します。

アプリに接続アクションを作成
接続先に設定する文字はゆらぎに対応できる設定にする

校閲タブをクリックする。

マウス操作アクションを使って、校閲タブをクリックします。

校閲タブをクリックする

シートの保護をクリック。

校閲タブの中のシートの保護をクリックします。

マウス操作アクションを使って、シートの保護をクリックします。

シートの保護をクリック

シートの保護を解除するためのパスワードを設定。

シートの保護へ接続します。

アプリに接続アクションを使って、シートの保護へ接続します。

アプリに接続アクションを作成
接続先にシートの保護を設定する

パスワードを入力します。

値の入力アクションを使って、シートの保護を解除するためのパスワードを入力します。

値入力アクションを作成
入力するための設定を行う

OKをクリックします。

マウス操作アクションを使って、OKをクリックします。

OKをクリック

ふたたびシートの保護を解除するためのパスワードを設定。

パスワードの確認へ接続します。

アプリに接続アクションを使って、パスワードの確認へ接続します。

RPA エクセル シート 保護 パスワード 設定
アプリに接続アクションを作成
RPA エクセル シート 保護 パスワード 設定
パスワードの確認へ接続

パスワードを入力します。

値の入力アクションを使って、シートの保護を解除するためのパスワードを入力します。

RPA エクセル シート 保護 パスワード 設定
値入力アクションを作成
RPA エクセル シート 保護 パスワード 設定
入力するための設定を行う

OKをクリックします。

マウス操作アクションを使って、OKをクリックします。

RPA エクセル シート 保護 パスワード 設定
OKをクリック

RPAでエクセルシートの保護のためのパスワードの設定作業の自動化を行うなら株式会社 シジャム・ビーティービーのRPAツールを

エクセルシートの保護のためのパスワードの設定作業を簡単な設定で自動化することが可能です。

ほかにもエクセル操作に関するさまざまなアクションをご用意しています。ご興味がある方は無料トライアルをご利用いただき、ご確認ください。

RPAツール「JobAuto」について詳しく知りたい方はこちらから

コメントを残す