カテゴリー
機能紹介

【RPA】OneDriveへファイルをアップロードする

OneDriveへファイルをアップロードします。この作業を自動化します。JobAutoではどのように行うのかを説明します。RPA選びの参考にしてください。

自動的に行う処理の内容。

自動的に行う処理の内容は以下の通りです。

1.ブラウザを起動する

2.OneDriveの所定のフォルダーを開く

3.ロボットの処理実行日でフォルダーを作成する

4.作成したフォルダーへ移動する

5.ファイルをアップロードする

自動化 RPA 業務
JobAutoの特設ページが開きます

ブラウザを起動する。

ブラウザをプロファイルを使用したやり方で起動します。

ブラウザを起動アクションでプロファイルを使用してブラウザを起動します。

ブラウザを起動アクションを作成

プロファイルを使用するにチェックを入れ、プロファイルを使用したブラウザを起動します。

プロファイルを使用にチェックを入れる

Googleへログインした状態でブラウザが起動します。

Googleにログインしている状態でブラウザが起動する

OneDriveの所定のフォルダーを開く。

OneDriveの所定のフォルダーのページを開きます。

ページを開くアクションでOneDriveの所定のフォルダーのページを開きます。

ページを開くアクションを作成

URLにOneDriveのURLを設定します。

フォルダのURLを設定する

ロボットの処理実行日でフォルダーを作成する。

新規をクリックします。

マウス操作アクションを使って、新規をクリックします。

マウス操作アクションを作成

マウス操作アクションの設定を行います。

デフォルトの設定で作成する

フォルダーをクリックします。

マウス操作アクションを使って、フォルダーをクリックします

マウス操作アクションを作成

マウス操作アクションの設定を行います

デフォルトの設定で作成する

フォルダー名を入力します。

値入力アクションを使って、作成するフォルダー名を入力します

値入力アクションを作成

入力する値へロボットを実行している日を入力するように設定します。

用意されている関数で実行した日が入力されるように設定

作成をクリックします。

マウス操作アクションを使って、作成をクリックします。

マウス操作アクションを作成

マウス操作アクションの設定を行います

デフォルトの設定で作成する

作成したフォルダーへ移動する。

ロボットの処理実行日を取得し変数へ格納します。

変数の値を加工アクションを使って、ロボットの処理実行日を取得して変数へ格納します

RPA OneDirve ファイル アップロード
変数の値を加工を作成

文字操作の値セット画面を表示します

RPA OneDirve ファイル アップロード
+~文字操作~値セットとクリック

セットする文字へ%%年月日%%を設定します

▼~フォーマット関係~%%年月日%%とクリック

加工した値の格納先へ変数を設定します。

RPA OneDirve ファイル アップロード
変数がない場合は作成する

作成したフォルダーをクリックします。

マウス操作アクションを使って、作成したフォルダーをクリックします

RPA OneDirve ファイル アップロード
マウス操作アクションを作成

高度な設定タブのテキストパターンへロボットの処理実行日が格納されている変数を設定します

RPA OneDirve ファイル アップロード
ロボットの処理実行日のフォルダーをクリックするように設定

ファイルをアップロードする。

ファイルのアップロードを行います。

アップロードファイル選択アクションを使って、アップロードをクリックします

RPA OneDirve ファイル アップロード
アップロードファイル選択アクションを作成

アップロードファイル選択アクションの設定を行います

RPA OneDirve ファイル アップロード
ファイル選択へアップロードするファイルを設定する

RPAでOneDriveへのファイルのアップロード作業の自動化を行うなら株式会社 シジャム・ビーティービーのRPAツールを

OneDriveの作業を自動化するサンプルとしてファイルのアップロードを取り上げました。ほかにもOneDriveのさまざまな作業の自動化を行うことができます。ご興味がある方は無料トライアルをご利用いただき、ご確認ください。

RPAツール「JobAuto」について詳しく知りたい方はこちらから

コメントを残す