カテゴリー
機能紹介

【RPA】GoogleSpreadSheetへ値を入力する

GoogleSpreadSheetへ値を入力します。RPAを使ってこの作業を自動的に行います。JobAutoではどのように行うのかを説明します。RPA選びの参考にしてください。

自動的に行う処理の内容。

自動的に行う処理の内容は以下の通りです。

1.ブラウザを起動する。

2.ブラウザへGoogleSpreadSheetを表示する。

3.GoogleSpreadSheetへ値を入力

自動化 RPA 業務
JobAutoの特設ページが開きます

ブラウザを起動する。

ブラウザを起動します。

ブラウザを起動アクションを使って、ブラウザを起動します。

ブラウザを起動アクションを作成

起動するブラウザはChromeを選択します。

Chromeを選択

ブラウザへGoogleSpreadSheetを表示。

ブラウザへGoogleSpreadSheetを表示します。

ページを開くアクションを使って、GoogleSpreadSheetを表示します。

ページを開くアクションを作成
URLへGoogleSpreadSheetのURLを設定する

GoogleSpreadSheetへ値を入力。

GoogleSpreadSheetの値を入力するセルを選択します。

スプレッドのセル移動アクションを使って、値を入力するセルを選択します。

RPA Google Spread Sheet 入力
スプレッドのセル移動アクションを作成

対象となるセルへGoogleSpreadSheet内の選択したいセルを設定します。

RPA Google Spread Sheet 入力
対象となるセルへ選択するセルを設定

GoogleSpreadSheetへ値を入力します。

値入力アクションを使って、値を入力します。

RPA Google Spread Sheet 入力
数式を入力する箇所を選択、右クリックして、値入力をクリック

値入力アクションを使って、値を入力します。

RPA Google Spread Sheet 入力
入力する値にGoogleSpreadSheetへ入力する値を設定する

RPAでGoogleSpreadSheetへの入力業務の自動化を行うなら株式会社 シジャム・ビーティービーのRPAツールを

GoogleSpreadSheetへの入力を簡単な設定で自動化することが可能です。

ほかにもブラウザ操作に関するさまざまなアクションをご用意しています。ご興味がある方は無料トライアルをご利用いただき、ご確認ください。

RPAツール「JobAuto」について詳しく知りたい方はこちらから

コメントを残す