カテゴリー
コラム

RPAの事例を通してわかるメリット 導入すると人事や総務などで効果大

RPAとは、現在様々な企業で導入されている業務自動化の仕組みです。RPAを使うことで、繰り返し作業などのミスを減らせます。また人件費を削減できるというメリットもあります。

こちらでは、RPAが効果的に働く業務のジャンルや実際の活用事例などご紹介します。

メリット 導入
RPAを導入するメリットとは?

効果的にRPAに働いてもらう3つの業務とは?

どのような業務に効果的なのかを前提にて、RPAの導入を考えましょう。RPA向きの仕事とは、人間の意思が働かない業務です。繰り返し作業やルールが決まっている業務はRPAに任せましょう。任せることで業務の効率化や人件費の削減を実現します。

以下に、RPAに向いている3つの業務をご紹介します。

繰り返しの作業が多い業務

あらかじめ仕事内容が決まっていて、一定のルールがある業務はRPA向きです。データを元にリストを作る業務などはRPAのメリットを引き出せるでしょう。具体的には、自社の口コミ情報をまとめる、データ入力、コピペ作業はRPA向きと言えます。

ルールが決まっている業務

作業フローやルールがあらかじめ決まっている業務もRPA向きでしょう。人間よりもRPAのほうがミスも少なく、業務効率化が図れます。具体的には、メールの添付ファイルの格納、提出書類のチェック、書類情報の報告や登録業務などはRPAの得意な業務です。

PCのみで完結する業務

RPAは人間と違いミスをしません。PCだけで作業が完了するような業務は、RPAに任せたほうがメリットが大きいです。具体的には、営業活動情報の集計、部門全員にメールの配信、受注案件の事務処理などは、RPAに任せることで管理がしやすくなります。

株式会社 シジャム・ビーティービーではRPAツール「JobAuto」を提供しています。PC作業の自動化を検討している場合は、ぜひ株式会社 シジャム・ビーティービーにお声がけください。

自動化 RPA 業務
JobAutoの特設ページが開きます

RPAの様々な活用事例

RPAの活用事例を見てみると、様々な企業で活用されていることがわかります。

以下に、RPAを導入して活用した事例を業種ごとにいくつかご紹介します。

経理部門の事例

伝票データの入力作業や入金データの取り込み、帳簿の作成業務、情報の連結処理、入金や支払いなどの事務作業はRPA向きの業務です。経理部門の中でも、特に財務会計はRPAを導入している企業が多いです。RPAによる作業の自動化によりシステムを使いこなしています。

製造業の事例

バックオフィス業務が多い製造業は、RPAのメリットが大きい業種の1つです。
RPAは一見製造業には向かないように見えます。しかし実際には受注や在庫管理、出荷、会計処理などにRPAが使われています。受注から出荷までを自動化させることで、管理にかかる労力が軽減できるでしょう。

人事や総務部門の事例

人事や総務部門にも自動化できる業務が多く、RPAが活用されています。人事の活用事例として、社員へアラームを鳴らす、勤怠管理のデータの集積業務、給与の計算などがあります。

また、人事や総務部門では、さらなる自動化を進める動きもあります。RPAは今後も活躍することが予想されます。

金融機関の事例

金融機関では、複数のシステム入力への転記や振り込み、送金にかかる事務業務、書類の作成などにRPAが使われています。手書きのシステムもある金融機関ですが、徐々にデータ化する動きが強まっております。RPAの導入が人件費の削減にも繋がるとして積極的に導入されています。

導入事例はこちら


RPA導入を検討しているなら株式会社 シジャム・ビーティービーへ 人事でもメリットが期待できる

RPAは様々な企業で採用されている業務自動化システムです。導入の効果は人的ミスの削減だけはありません。効率化を図る意味でもRPAのメリットは大きいと言えます。

活用事例を見てみても、様々な企業がRPAの導入の恩恵を受けております。成功している企業はRPAの導入により業務の効率化を図っています。RPAが向かない企業もありますが、データ化されることが多い現代社会では、これからもRPAの需要は高まっていくでしょう。

株式会社 シジャム・ビーティービーではRPAツール「JobAuto」を提供しています。PC作業の自動化を検討している場合は、ぜひ株式会社 シジャム・ビーティービーにご相談ください。


RPAツール「JobAuto」について詳しく知りたい方はこちらから

コメントを残す