カテゴリー
コラム

RPAの費用以外に比較するポイント 中小企業向けRPAタイプを見つけよう 無料お試しをご用意

RPAを導入するなら、自社にあったタイプを見極めることが重要です。タイプによって費用も異なるため、まずはお試しなどを利用して、自社にぴったりなタイプを探す必要があります。

いろいろな業種で使われているRPAですが、他社とも比較し、自社に本当に必要かどうかを見極めることが大切です。こちらでは、自社にぴったりのRPAのタイプを見極めるポイントなどをご紹介します。

比較 中小企業

自社にぴったりなRPAタイプを比較して見極める方法

RPAを導入する際には、自社に合ったタイプを見極める必要があります。RPAのタイプをそれぞれ比較し、お試し期間や中小企業が運用する際のメリットについて、総合的に判断しましょう。

RPAの導入は費用も高くかかる場合がありますので、まずはほかの中小企業などと比較し、導入を考える必要があります。

お試し期間中に自社にあったタイプが見つかることもありますので、まずはタイプを比較してから、導入を考えてみてください。

RPAに任せるべき業務内容かどうかを見極める

RPAはメリットも多いですが、無管理状態になるリスクがあることも覚えておきましょう。例えば、RPAのシナリオを作成した人が異動などになった場合、引継ぎがうまくいかない可能性もあります。

RPAはAIと違い学習能力を持たないため、全部の業務を自動化できるわけではありません。あくまでも社員の管理の元に成り立つシステムです。

業務内容が、

  • ルール化できるものなのか
  • 定期的に発生するか
  • パソコンだけで作業を完結できるか

…を見極めたうえで、PRAを導入するかどうか、費用面も含めて考慮しましょう。

例えば、同じ作業の繰り返しが少なく、大量に作業がある場合はサーバー型、多量の業務を社員が受け持ち、1~2時間程度の作業ならPC導入型に向いているでしょう。

日本語マニュアルが搭載されているか確認する

RPAを日本で使用する際には、日本語のマニュアルがあるかどうかも重要なポイントになります。開発元のサポートがあるかも気になる所ですので、しっかり比較検討して導入に踏み切りましょう。

特に中小企業で導入を考えているなら、費用面の問題もありますので、お試し期間を有効に活用してみてください。

株式会社 シジャム・ビーティービーでは、30日間の無料トライアルをご用意しています。お気軽にお申し込みください。

無料トライアルの申し込みはこちら

RPAツールを提供する株式会社 シジャム・ビーティービーが心掛けていること

株式会社 シジャム・ビーティービーの「JobAuto」は、多機能・高機能で導入・構築・運用コストが低い、コストパフォーマンスに優れたRPAツールです。

株式会社 シジャム・ビーティービーでは、お客様にRPAツール「JobAuto」をより好きになってもらうために、心がけていることがございます。それは、自動化できそうな点があれば、お客様と一緒に検討することです。

また、問題を迅速に解決するためのマニュアルサイトやサポートセンターを無償で提供しています。お客様一人ひとりに寄り添い、お役に立ちたいという気持ちを持ちながら業務にあたっています。

JobAutoについてのご質問・ご相談があれば、いつでもお声がけください。

RPAツール提供の流れ まずはお試しを

株式会社 シジャム・ビーティービーのサービス提供の流れは、以下のようになります。

  1. ご相談・お問い合わせ
    メールやホームページからお問い合わせいただくか、ご訪問して説明いたします。
  2. 無料トライアル・講習
    まず1か月間の無料トライアルをお試しいただき、JobAutoを業務へ適用可能か、導入後に運用できるのか検証していただきます。トライアル期間中に、使用方法をレクチャーする講習も行っています。
  3. 契約
    無料トライアルによって、JobAutoの有用性や運用性、月額費用を確認していただいたうえで、ご契約が成立後、導入というかたちになります。

RPAの導入をお考えの中小企業は株式会社 シジャム・ビーティービーに相談を

RPAの導入を考えるなら、自社にあったタイプを探すことが大切です。

どんなに優れたシステムであっても、使いこなせないのなら意味が無くなってしまいます。費用もかかるRPAですから、自社にあったタイプはどれなのか、しっかりと比較してから導入に踏み切りましょう。

株式会社 シジャム・ビーティービーの「JobAuto」は、低コストなのに多機能・高機能を実現したRPAツールです。PC作業の自動化をご検討している場合は、ぜひ株式会社 シジャム・ビーティービーにお声がけください。

RPAツール「JobAuto」について詳しく知りたい方はこちらから

コメントを残す