カテゴリー
機能紹介

【RPA】画像マッチングではユニークな画像からの距離で指定

ロボットでアプリ操作を行うとき、操作する箇所を画像で指定することができます。指定した画像がユニークな画像にならないときは、ほかのユニークな画像からの距離で指定します。RPA選びの参考にしてください。 画像マッチングでユニ […]

カテゴリー
機能紹介

【RPA】画像マッチングでは枠線を含まない

ロボットでアプリ操作を行うとき、操作する箇所を画像で指定することができます。画像で指定するときに枠線を含まないことで、ロボットの動作が安定する設定になります。RPA選びの参考にしてください。 画像マッチングで枠線を含まな […]

カテゴリー
機能紹介

【RPA】要素マッチングでインデックスを使って設定

ロボットでアプリ操作を行うとき、操作する箇所を要素で指定することができます。要素で指定するときにインデックスを使うことで操作個所を柔軟に設定することが可能です。RPA選びの参考にしてください。 要素マッチングでインデック […]

カテゴリー
機能紹介

【RPA】動的なウィンドウタイトルの対応を行う

ロボットでアプリ操作を行うとき、ロボットは操作を行うアプリへ接続しなくてはいけません。設定したアプリのウィンドウタイトルへ接続を行うのですが、動的に変わるウィンドウタイトルだとエラーになります。この動的に変わるウィンドウ […]

カテゴリー
機能紹介

【RPA】要素の繰り返しをする範囲を拡張する

ブラウザで要素の繰り返し処理を行います。繰り返し処理をしたい個所が複数ある場合に、繰り返し処理を行う箇所ごとにを設定しないといけません。JobAutoでは複数の繰り返し処理をまとめて設定することができます。 ループする範 […]

カテゴリー
機能紹介

【RPA】IDを使わないXpathを使って指定する

ブラウザで操作個所を指定するときに、Xpathを使った設定を行います。XpathはID=XXXXとなっていることが多く、IDだとIDが変更されたときにエラーになってしまうことががあります。JobAutoではIDを使わない […]

カテゴリー
機能紹介

【RPA】Classを使って指定する

ブラウザで操作個所を指定するときに、Xpathを使った設定を行います。しかしXpathだけでは操作したい個所をうまく設定できないことがあります。JobAutoではXpathだけでなく、Classを組み合わせて指定する方法 […]

カテゴリー
機能紹介

【RPA】操作個所を文字を使って指定する

ブラウザで操作個所を指定するときに、Xpathによる指定を行うことが一般的です。JobAutoではXpathによる指定だけでなく、文字による指定を行うことが可能です。 文字による指定の方法。 操作個所を文字で指定する方法 […]

カテゴリー
機能紹介

【RPA】複数のテキストファイルをCSVファイルへ変換する

フォルダ内に複数のテキストファイルがあります。これらをすべてCSVファイルへ変換します。RPAを使ってこの作業を自動的に行います。 JobAutoではどのように行うのかを説明します。RPA選びの参考にしてください。 自動 […]

カテゴリー
機能紹介

【RPA】商品のリスト別にシートを作成

商品のリストがあります。この商品のリストごとに売上商品一覧へシートを作成します。シート名は商品名です。RPAを使ってこの作業を自動的に行います。 JobAutoではどのように行うのかを説明します。RPA選びの参考にしてく […]