カテゴリー
機能紹介

【RPA】ブラウザでGoogleドライブへログイン

ブラウザでGoogleドライブへのログインを行います。 RPAを使ってこの作業を自動的に行います。 JobAutoではどのように行うのかを説明します。RPA選びの参考にしてください。

自動的に行う処理の内容。

自動的に行う処理の内容は以下の通りです。

1.ブラウザを起動する。

2.Googleドライブを表示する。

3.人の手でログインする。このときにプロファイルにログイン情報を記録する

自動化 RPA 業務
JobAutoの特設ページが開きます

ブラウザを起動する。

ブラウザ起動アクションを使ってブラウザを起動する。

ブラウザ起動アクションを作成する。

RPA ブラウザ ログイン1
ブラウザを起動するアクションを作成。

プロファイルを使用する設定をする。

プロファイルを使用にチェックを入れて、プロファイルを使用してブラウザを起動する設定にする。

プロファイルを使用にチェックを入れる
ブラウザが起動した。またページを開くアクションの設定画面が表示された

Googleドライブを表示する。

ページ開くアクションへGoogleドライブのURLを入力します。

URLへGoogleドライブのURLを設定します。

GoogleドライブのURLを設定

Googleドライブへログインする。

ロボットからブラウザを切断します。

フォーカス中断を行い、ロボットからブラウザを切断します。

フォーカス中断を実行

人の手でログインを行い、プロファイルにログイン情報を記録します。

人の手でログインを行う。

RPA ブラウザ Google ログイン
ログインを行う

人の手でブラウザを閉じます。

ブラウザを閉じます。

RPA ブラウザ Google ログイン
×をクリック

ロボットをブラウザに接続します。

フォーカス再開を行い、ロボットをブラウザに接続します。

RPA ブラウザ Google ログイン
フォーカス再開を行う

ブラウザ起動~ページを開くを実行。

作成したブラウザ起動とページを開くアクションを実行します。

Googleへログインした状態でブラウザが起動し、Googleドライブのページが表示されます。

RPA ブラウザ Google ログイン
Googleへログインした状態でブラウザが起動
RPA ブラウザ Google ログイン
Googleドライブが表示される

RPAでブラウザを使った業務の自動化を行うなら株式会社 シジャム・ビーティービーのRPAツールを

プロファイルへGoogleへのログイン情報を記録することで、Googleへのログインを行わなくてもGoogleドライブを開くことができます。GoogleだけでなくAmazonなどのほかのサービスのログイン情報の記録が可能です。

ほかにもブラウザ操作に関するさまざまなアクションをご用意しています。ご興味がある方は無料トライアルをご利用いただき、ご確認ください。

RPAツール「JobAuto」について詳しく知りたい方はこちらから

コメントを残す