カテゴリー
コラム

RPAのWinActorは管理が簡単な反面複雑業務は自動実行が困難 導入の注意点

RPAのWinActorは複雑な業務の自動化が難しいです。また、完全に自動実行できない業務もあります。トラブルなど最終的に人間の判断能力が必要なので、人の介入が必要なことを覚えておきましょう。

また導入失敗のリスクを減らすためには、自動化する業務を選別し、RPAへの理解や知識を深めることが大切です。株式会社 シジャム・ビーティービーではRPAツールを提供しています。RPAツールを扱う業者目線から、WinActor導入の際の注意点や業務自動化を成功させるための方法を紹介します。

WinActor導入の注意点 管理は容易ですが自動化に向かない業務もあります

RPAのWinActorを導入するときには、以下の3つのポイントに注意しましょう。

操作記録モードだけでは不十分

RPAのWinActorには、操作記録モードが搭載されています。このモードによって、プログラミングができない人でも簡単に業務の自動化ができます。

ただ操作記録モードだけでは、単純な業務しか自動化できません。複雑な業務の自動化には、それなりの知識を必要とします。

シナリオ作成が面倒なことも

操作記録モードで対応できない場合、シナリオという作業のパターン化を行わなければいけません。そしてシナリオ生成にはある程度のプログラミングの知識を必要とします。

作業を自動化するために逆に手間がかかってしまうので、注意しましょう。

人の介入も必要になる

WinActorを使っても、完全に自動化できない業務もあります。また予測しないトラブルなどで、人間の判断能力が必要になることもあるでしょう。

管理の簡単さは魅力的ですが、自動化が向かない業務の存在も忘れてはいけません。RPAのWinActorを導入する際には、不測の事態に備えておきましょう。

RPA導入を成功させるには?

RPA導入を成功させるためには、どんな業務を自動化したいのか整理し、そのリスクを抑えることが重要です。まずはどのような段階を踏むのか確認し、RPAを導入する目的を明確にしましょう。

使用するツールの種類や自動化する業務を先に考えておかないと、RPAを導入する意味が無くなってしまいます。導入する際の目的や業務の選別に失敗すると、効果が得られずRPA導入も失敗となるでしょう。

また、RPA導入を考えているなら、できるだけリスクを減らす必要があります。

まずは小規模の効果検証を重ね、全社導入するかどうかを検討しましょう。いきなり全社導入してしまうと、トラブルが起きたときの対応が困難になります。

RPAにはデジタルレイバーという別名があり、以前からある作業自動化システムと比較して、より人間に近い働きができます。それは裏を返せば、RPAには人間と同じように得意不得意があるということです。万能なシステムではないことを理解し、教える人間の力も必要であると覚えましょう。

株式会社 シジャム・ビーティービーではRPAツール「JobAuto」を提供しています。シンプルかつ初心者でも使いやすいRPAツールです。PC作業の自動化を検討している場合は、ぜひ株式会社 シジャム・ビーティービーへお声がけください。

JobAutoについてはこちら

RPAツールを導入するなら株式会社 シジャム・ビーティービーへ 簡単に自動実行

RPAのWinActorを導入する際は、複雑な業務の自動実行が難しいことと、人の管理や介入も必要となることを覚えておきましょう。

また、導入する際には、自動実行する業務の選別や、RPAへの理解を深めることで、失敗のリスクを減らすことができます。

株式会社 シジャム・ビーティービーではRPAツール「JobAuto」を提供しています。参考にできるサンプルやライブラリも多数用意していますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

RPAツール「JobAuto」について詳しく知りたい方はこちらから

コメントを残す