カテゴリー
コラム

RPAで誰でも簡単に業務を自動化できるの?本当にプログラミングの知識はいらない?

RPAを使えば誰でも簡単に業務を自動化できる、ということが言われています。はたして本当なのでしょうか。実際にやってみたら簡単ではない、意外と難しかった、ということはないでしょうか。またいろいろと設定しないといけない項目が多く自動化を実現するまでにすごい時間がかかった、予想より簡単に短時間で実現できなかったなどということはないのでしょうか。

RPAツール「JobAuto」を販売する株式会社 シジャム・ビーティービーが誰でも簡単に業務の自動化が可能なのかをご説明します。ぜひ参考にしてください。

RPA 簡単 自動化

RPAによる業務の自動化は誰にとっても簡単にできるものではない。プログラムを書くための知識が必要

自動化をする業務の手順をRPAに設定することで業務は自動化されます。

この設定は誰にでも簡単にできるのでしょうか。設定をするために前提となる知識はいらないのでしょうか。

プログラムコードを書かなくてもいいから簡単に業務を自動化できる

RPAはノンプログラミングだから誰でも簡単に業務を自動化できます、と言われています。ノンプログラミングとはプログラムコードを書かなくてもプログラムが作られるということを指していて、プログラムを作るということに変わりはありません。プログラムを作るための知識、考え方が必要です。

そのためプログラムを作ったことがない人にとってはそのような知識や考え方がないので、RPAの操作方法を覚える前にプログラムとはどのようなものか、どのようにして作るのかを学習する必要があります。RPAで誰でも簡単に自動化できるとはいえないのではないでしょうか。

繰り返しや分岐がない業務手順だと簡単

たとえば一通のメールを送信する、という業務の自動化であればどうでしょう。この場合だとプログラムを作ったことがない人でも一通のメールを送信する手順を設定すれば自動化を実現することができるので、誰でも簡単に自動化ができると言えそうです。

しかし業務の多くには繰り返しや分岐を伴う手順が含まれています。たとえばリストに書かれているすべての宛先にメールを送信するという繰り返しの手順、宛先が社外の人であればCCにグループアドレスを入力して送信する分岐の手順などが考えられます。

このような繰り返しや分岐の手順が入ると、プログラムを作ったことがない人にとって個人差はありますが、多くの場合難しいものとなります。RPAによる業務の自動化は誰でも簡単にできるとは言えません。

必要なのはRPAで業務の手順を実行する順序を考えられる力

プログラムを作ったことがない人でもRPAで業務の自動化を実現する方法はないでしょうか。プログラムを作ったことがない人は、RPAで業務の自動化をする前にプログラムの作り方を覚えたほうがいいのでしょうか。

いいえ、RPAで業務の自動化をできるようになるためにプログラムを作成できる必要はありません。プログラムを作成するときの考え方が身についていれば業務の自動化が可能です。

業務は複数の手順から成り立っており、手順を実行する順番も決まっています。また繰り返しや分岐が発生する手順も含まれています。これらの手順を最適な順序でRPAに設定できるようになる考え方を身につけましょう。考え方が身についていれば、あとはRPA製品の設定の仕方を覚えるだけで業務の自動化を実現することができます。

自動化 RPA 業務
JobAutoの特設ページが開きます

プログラムを作成するときの考え方を持っていても簡単にいかない場合が。RPA製品によっては効率よく業務の自動化が進まないものも。

プログラムを作成する考え方が身についたら、自動化を簡単に実現できるのでしょうか。

RPA製品はさまざまなものが販売されていますが、製品によっては効率よく進まず自動化を簡単にできるとはいえないものもあります。

設定するためにやらないといけないことが多い

たとえばWEBシステムへのログインをするためにログインボタンをクリックする手順を作成するとします。このときログインボタンをRPAが識別するためにログインボタンの情報が必要となりますが、この情報を取得するためにWEBシステムを解析しないといけない製品も存在します。RPAに手順を設定するたびに解析が必要となるため、設定に多くの時間をとられてしまいます。

安定して動いてくれない

製品によっては設定した手順が期待通りに動かない、または動いたり動かなかったり不安定、エラーが多いということが発生します。これは指定した操作対象を認識できなかったり、操作対象が表示される前に処理が動いてしまったために認識できなかったりするエラーです。これは画像を使って操作対象を指定している製品に多く見られます。

この場合、安定して動かすための設定の調整、たとえば画像の一致率を上げたり下げたり、画像が表示されるまでに処理を待機させる時間の変更などを行います。このような調整は設定を変更しては確認するという作業を何度も行うことになり、設定に多くの時間をとられてしまいます。

テストに時間がかかる

効率よく設定を進めるには、テストに時間がかからないことも大きく作用します。テストを毎回処理の先頭部分からはじめないといけない製品もあります。この場合、修正を行うたびに処理の先頭からテストを行わないといけないため、処理時間長ければ長いほどテストに多くの時間をとられてしまうことになります。

RPAで簡単に業務の自動化を行うなら株式会社 シジャム・ビーティービーのRPAツールを

RPAによる自動化は誰でも簡単にできるものではありませんが、プログラムを作成する考え方が身についている人であれば自動化の実現が可能です。しかし製品によっては効率よく自動化を進められないものもあるので、トライアルなどを利用して特長をつかむことが必要です。

株式会社 シジャム・ビーティービーが提供するRPAツール「JobAuto」には簡単に効率よく業務の自動化を実現する機能がついています。RPAで効率の良い業務の自動化を検討している場合は、ぜひ株式会社 シジャム・ビーティービーにお声がけください。

プログラムを書けない人もできる

手順を実行する順序をRPAにとって最適な順序になるように考えることができれば業務の自動化を実現することができます。プログラムコードを書かかなくても必要な設定をするだけで自動化を実現できます。また必要な設定項目は「JobAuto」が自動的に設定してくれます。

わざわざシステムを解析する必要はありません。

短時間で自動化ができる

自動化をするために必要な設定項目は少ないため、短時間で実現することができます。また画像ではなく操作するボタンなどの対象の固有の情報を認識して動くため安定して動きます。加えて修正をした箇所からテストを行うことができるため、テストと修正を短時間で行うことができます。

自動化する時間がなければ弊社にご相談を

もしRPAによる業務の自動化に充てる時間を確保するのが難しい場合は、弊社にご相談ください。業務の自動化の代行や、業務委託なども承っております。

業務委託(BPOサービス)についてのページはこちら

RPAツール「JobAuto」について詳しく知りたい方はこちらから

コメントを残す